UNIV. CO-OP大学生協おすすめ 合宿ゼミ旅行の宿

全国の自治体が 学生合宿・遠征・団体旅行を応援します!

1泊あたり最大3000円助成も

全国各地の自治体が学生合宿を応援しています。 全国各地の自治体(都道府県・市町村)には学生合宿の助成金制度があります。
※助成金制度のない自治体もあります。自治体によっては助成金の年間予算額が決まっています。
詳しくは合宿先の都道府県・市町村の「合宿助成金」のサイトをご確認ください。
助成金申請は事前審査があるため、合宿前に行う必要があります。また、提出書類が複数あるため、早めに申請することが肝心です。
また、該当の自治体域内の対象宿泊施設で宿泊すること。1合宿あたり延べ宿泊数規定条件を満たしていること。域内の関連団体から補助金などを受けていないこと、などいくつかの条件をクリアする必要があります。
申請には「助成金申請書」「活動報告書」「宿泊代金領収書」(宿泊した証明)や自治体によってはアンケートなどの提出が必要になります。
自治体により申請方法、申請書類が異なりますので、各自治体の「合宿助成金」のサイトをご確認ください。
※なお、自治体の助成金制度は条例等の改正により、変更になる場合があります。
★新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、自治体助成金申請ができない場合がありますので、ご注意ください。

全国自治体の合宿・団体旅行の助成金一覧

【助成金事例】越前町文化・スポーツ合宿誘致補助金

例えば、福井県の各市町村は県内で合宿する学生団体向けに「宿泊助成制度」があります。
福井県越前町で合宿するなら、こちら(越前町商工観光課)で具体的な制度や申請方法がわかります。県外の学生団体で越前町に20人泊以上するなら、1人1泊1500円の助成金が申請できる。 また、さらに交通費補助1人200円や観光施設・体験利用で最大300円プラス。
学生にとってはとてもお得な「お助け」キャッシュバック。利用しない手はない!

福井県 ふくいドットコム

【助成金事例】福島県教育旅行復興事業助成金

例えば、福島県は県外からの学生団体向け「バス借上助成制度」があります。
福島県内の宿泊施設に1泊以上宿泊し、一定の宿泊者数で、学生団体(研究室・ゼミ含む)であることなどが条件で、貸切バス代の一部を助成する制度です。詳しくはこちら(福島県教育旅行復興事業事務局)

福島県

【助成金事例】そのほかの助成金について

例えば、岐阜県の高山市は飛騨地域以外からの学生団体向け「合宿助成制度」があります。
岐阜県高山市で合宿するなら、こちら(飛騨・高山観光コンベンション協会)で具体的な制度や申請方法がわかります。 飛騨地方以外の学生団体(指導者同行)で高山市に10人以上で宿泊するなら、1人1泊1000円の助成金が申請できます。
(短期大学、大学又は専修学校の学生など。調査研究のために行う演習や研修会、スポーツ活動や文化活動などの練習活動、その他これに準ずるもの)
*そのほかの自治体にも、スポーツ合宿や文化系合宿などの助成金制度やコンベンション開催支援補助金があります。
*石川県能登町は「のと里山空港」を利用すると1,000~2,000円の助成金があります。
*また、臨時で「災害復興助成金宿泊制度」が設定される場合もあります。

高山市

全国自治体の合宿・団体旅行の助成金一覧